2022年1月10日月曜日

1月10日(月)のあき食

トリスのネクター割り

エビとワカメ

 ↑エビは正月用だった車海老の生海老。イマイチは色合いですが、問題無くおいしかった。

中央アジアっぽいクリームシチュー
↑クレージーソルト、焼いた鶏モモ、タマネギ、ブナシメジ、余っていたサトイモ、余っていたカボチャ、ニンニクを日本酒と牛乳で煮ました。カレーも欲しくなり、溶かしバターにカレー粉を加えたものを追加しちゃいました。固形のコンソメ、ウスターソース、ケチャップで味を整えました。粉を入れなかったのですが、サトイモとカボチャからのトロミが付きました。カレー粉とカボチャで、黄ばみました。中央アジア風と言っちゃいます。お子様向けじゃない、酒に合うニンニクとスパイスたっぷりシチューになりました。鶏肉も野菜もおいしく、ミルクの汁がとてもおいしかった。
焼き鯖甘酢あんかけ
↑この鯖も正月用のものでした。オリーブ油、タマネギ、シメジ、醤油、味醂、酢、チューブの生姜、白ゴマ、米粉のあんかけを掛けました。鯖は甘酢も合いますね。
ファンケルの発芽米ごはん

プリンとクリキントン

↑市販のプリンに正月用だったの栗きんとんを和えました。激甘の組み合わせですが、おいしかったよ。

パソコンの作業中に、

文鳥のシロちゃんがキーボードにピョンと乗りました。

1723個のショートカットが作成されちゃいました。

1/10(月)のランチ

 

マルちゃんごつ盛り天ぷらそば

2022年1月8日土曜日

長野北志賀竜王スキーパークへ

今51歳で、止めようかと思いましたが、行きたい気持ちが勝りました。コスパの良いバスはわりと満席でしたが、オリオンツアーの竜王へのバスに空席が有り、インターネットでポチりました。

1月7日(金)の23時出発なので、時間に余裕が有り、新宿ビル街の居酒屋で夕飯を食べました。集合場所は都庁議会棟前高架下の大型バス乗り場、私には馴染みの場所です。スノボの若者が大勢集まっており、オッサンは全く見掛けませんでした。

オリオンツアーのチケット類を受け取りました。往復バス、リフト1日券、レンタル付きで、12,400円。いろいろと割引券も付いていました。

往きのバスは乗務員が2人。一方が「最初の停車はよませ・・・」と言うと、相方が「違うだろ」と、漫才みたい。コロナ対策でずっとマスクを付けたまま。バス内は飲食禁止。皆さん、ルールを守っており、バス内は静かでした。行き先は長野県の北志賀。この距離は夜行には短いようで、途中で3回のたっぷりの休憩が有り、停車したままの仮眠時間も有りました。

未明の朝5時に「竜王スキーパーク」に到着。「バスインフォメーションセンター」2階でしばしのんびり。5時半頃、レンタルショップが開始。雪の道を約100m歩いた所の「ビッグスポーツ」へ行きました。手間の要するスキーは後回しされたようで、ちょっと待ちました。このレンタルにプラス1,000円の物損免責補償料が必要でした。ウエアのレンタルはイマイチ、アチコチほつれていました。ここで着替えて、安い300円のコインロッカーを使いました。

ゲレンデまで高さが有ります。バスインフォメーションセンターの横の「動く歩道」に乗りました。所々で上り歩きが必要で、ウォーミングアップでした。

矢印に導かれ、リフト券売り場でリフト券を取得し、8時過ぎ、リフトに乗りました。ゆっくり滑り始めました。私には2年ぶり。新雪の深雪で躓(つまず)きました

166人乗りの巨大なロープウェイが有ります。1991年(平成3年)に設置され、その後、経営悪化したそうです。20分間隔というのが、不便。9時半にロープウェイに乗り、上部の「スカイランドエリア」へ上がりました。

山頂駅の横に展望台が有り、ものすごい見晴らし、抜群の晴天でした。北西側の正面が高社山(こうしゃさん、高井富士)、妙高山。黒姫山、戸隠山が並び、遠くの槍、穂高も見えました。ロープウェイの写真も撮りました。

竜王山は樹氷林が広がっており、良い景色。下って、リフトに乗り、ゲレンデの最高点へ上がりました。標高1930mの竜王山のほぼ山頂です。スカイランドエリアはリフトが2本で、コースはいずれも緩やかな初中級の林間コース。気持ち良い滑りでした。

お昼、「SORA terace cafe」でカルボナーラなどを頂きました。おいしく、ボリュームが有りました。

午後もしばらくスカイランドエリアで滑りました。上級コースの「木落しコース」はヘルメットが必須で、行くのを止め、ロープウェイで下山しました。

山麓は「バレーエリア」。バレーエリアは広大で、中級のやや急な斜面も有ります。踏ん張りが利かなくなり、足の脛(すね)の筋肉に疲れを感じました。

スノボが多かったけど、スキーも大勢来ていました。ほとんどが若者で、オッサンは見掛けませんでした。皆さん、マナーが良かった。私も数回譲られ、私が譲ると、ちゃんとお礼を言っていました。便所で可愛い服の人が出てきて、女子便所に間違えたと思ったら、野太い声で「大丈夫よ!」と聞こえました。

PM3時半頃、名残り惜しかったけど、スキーは終了。レンタルショップで着替えました。

雪の道を上がり、竜王温泉の「三ケ月の湯」へ寄りました。アクセス不便で、シャワー設備も不便でしたが、まさに「良い湯だな♪」。お風呂に感動しました。




















竜王ドッグ!

竜王スキーパークを去る直前、バスインフォメーションセンター2階の「竜王ドッグ」へ寄りました。ここは未明の5時から営業しており、立派。

店名が「竜王ドッグ」で、「竜王ドッグ」というメニューが有ります。700円の「竜王ドッグ」と白ぶどうのジュースを注文。オーダーを受けてから調理しており、できると、呼ばれます。

タバスコを少々掛けました。紙と一緒に出て、その紙で巻いて、食べ始めました。竜王ドッグはベーコンのドッグ。どうかなと思いましたが、おいしかった。温かいパンもおいしかった。

レタスなどに味が付いていて、甘辛のチリソースですね。チリソース、トマト、タバスコの味が良いハーモニーでした。

白ぶどうのジュースもおいしかった。

PM5時半、バスが来て、帰途に就きました。

良い湯だな♪

【三ヶ月の湯】アクセス・営業時間・料金情報 - じゃらんnet

竜王スキーパークで疲れた後でした。バスインフォメーションセンター2階の出口を出て、雪の上りの道を凍えながら、頑張って上がりました。

木造の小屋、「三ケ月の湯」が雪に埋もれており、雪の間の通路を上がりました。オリオンツアーの割引券が有り、私の入浴料は500円でした。

脱衣所はカゴです。たくさん着ていたので、裸になるのに時間が掛かった。

PM4時頃でした。先客が居て、洗い場のお湯は出がイマイチ。

お湯に浸かりました。42℃くらいかな、しっかり熱いお湯。硫黄の香りがして、ヌルッとしたお湯。年季の入った木造の建物。天井からポタリ。

まさに、デューク・エイセスの「いい湯だな♪」。本当に良い湯でした。令和のこの時代にこんな昭和な雰囲気を感じるとは。感動しました。

次々と若者入って来ました。皆さん、マナー良く、入浴していました。

よく温まったので、帰りの雪道、私はポカポカでした。